読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ畑

ゆるゆると書いていきます

VMware ServerにWindows7をインストールしたメモ

Windows7

いまさらながらWindows7を使ってみました。
今回はVMware Server2にインストールしています。


インストール方法などは他のOSと同じなので割愛します。
ISOイメージをDLしてきて、マウントしてあとはウイザードに従うだけです。


さて、いざWin7!と使おうとしたらネットに繋がらない・・・。
調べてみたら、仮想ネットワークアダプタのドライバがないために認識されていないとの事。


VMにWindows入れるのが初めてでUbuntuとかCentOSとかではこの問題はなかったので困りましたが、VMWare Toolsの中にドライバがいるんですね。
他にもディスプレイドライバやツールなどもインストールしてくれるのでこれからインストールします。


方法は
まず、Windows7を起動させます。

起動後に、VMWare HomepageのWindows7の仮想PC管理画面右側の以下のリンクをクリックします。

そうすると

というメッセージが出るので、INSTALLをクリックします。


そうすると、VMWare ToolsがCD-ROMドライブとしてマウントされ

と実行を聞いてくるので、setup.exeを実行します。

その後は、ウィザードの指示に従いインストールし再起動を行うとドライバがインストールされネットワークに接続されるようになります。



Windows7を少し使った感想では、Vistaより快適に動作をしている印象を受けました。
それ以外はVistaと殆ど同じなので、Vistaの立場が・・・といった感じでした。
IE8のブラウジングは、一部ページはレイアウトが崩れてしまうので、IE7エミュレートモードで閲覧する必要があります。
ページ内にメタタグで指定してあるページでは自動的に上記のモードになります。


アプリケーションの互換性の問題でインストールをブロックされるものもあります。


もう少しいじり倒してみたいと思います。

  • 追記

Debian上のVM Playerは以下の記事が参考になります
VMware PlayerにWindows7 Betaインストール - UDONCHAN
VMware PlayerにWindows7 Betaインストール2 - UDONCHAN