読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ畑

ゆるゆると書いていきます

Googleの一件について思ったこと

Google

31日の23:30〜2月1日0:25までGoogleが世界的に障害を起こしていました。
詳しくはすでに様々なところで話題に上がっていますが、以下の記事の通りです。
Google検索、世界で不具合 「人的ミス」で全URLに「コンピュータに損害を与える可能性」 - ITmedia ニュース

つまり、どんな検索を行っても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」というメッセージが表示されるという事態。
インターネット上のコンテンツ全てが有害と認定されているという状態です。


その原因は、単純な人的ミスという発表が公式Blogで行われました。
Official Google Blog: "This site may harm your computer" on every search result?!?!
日本語は
Google Japan Blog: 全ての検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」というメッセージが表示された件について

つまり、ブラックリストに「/」が混入してしまったために世の中のサイト全てにマッチしてしまったということですね。



Webの検索以外にも、Gmailのフィルタにも影響が出たようで、意図せずSPAMフォルダに入れられたメールもあるそうです。
そちらのほうは、24時間以内に復旧するとの事です。
受信トレイに戻ります。


今回の件で感じた事は、ほんの些細な物(今回は1タイプ)が世界中に影響を及ぼすということ。
しかも、それがGoogleともなればその影響範囲は計り知れないですね。
ネット上の祭りの様子を見る限り、利用者の多さを感じます。
後、投入前にテストを行っているのか気になります。
自動テストであれば、テストケースに抜けているという事になるわけで。。。


ミスの及ぼす影響について考えさせられる一件でした。