読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ畑

ゆるゆると書いていきます

Pokenを買ってみた

Poken

スイス生まれのデジタル名刺ガジェットとして人気のPokenをやっと入手しました。
オフ会などで名刺交換をする代わりに、このPokenをハイタッチさせるだけでプロフィールの交換が済んでしまいます。
家に帰った後にPokenをPCに接続してWeb上で友人の情報の確認が出来ます。
公式サイトはこちら: Poken Japan


さて、先ずパッケージ

思っていた以上に小さかったです。


出して見ました。
手のひらがタッチ時の成功・不成功を表すために光ります。
タッチが失敗すると赤く光るので、もう1度やりなおします。


厚さはこんな感じ


さて、自分の情報を登録します。
Pokenの手を抜くと小さな紙が飛び出ているので取り出します。
そうすると根元が赤く点滅します。
ちなみに、ボタン電池が入っており、半年間持つそうです。
もちろん交換可能。


PCに接続すると自動的にブラウザが起動します。
中身はこんな感じ。


先ずはこの画面になります。
Pokenはエントリーページが違っており、各Pokenを識別出来るようになっています。
複数のPokenを1IDで登録できるようです。


登録画面はこれだけ。
詳細な情報は後ほど入力します。

アイコンの登録は、アイコンの表示されるエリアをクリックするとUP画面が出てきます。


ログイン後の画面では詳細な情報を入力したり、カードに表示させる情報や場所を選択できます。
また、カードの背景も変更可能です。
こんな感じ。


他にも諸々SNSSkypeなどの情報を入力したり出来ます。
相手に公開されるので、公開してもいい情報のみ入力したり、表示させるように分けた方がいいですね。


あと、ポイント制度があるようです。



とりあえずこんな感じです。
早くタッチしてみたいのですが、如何せん回りにPokenユーザがいないので出来ないという状態です。
ちなみに、タッチして交換した情報は暗号化されて保存されるそうです。
紛失した場合の処理も出来ます。


普段名刺をよく忘れるので、これを何かにぶら下げて(ストラップついてます)持ち歩けば気軽にプロフィールの交換できて便利ですね。
早く普及してくれると嬉しいです。