読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ畑

ゆるゆると書いていきます

Jetpack0.6などがリリースされました

Jetpack javascript

Jetpack0.6が本日リリースされました。
0.6公開に合わせて、APIドキュメントのサイト・Jepack gallery・Jetpack本体のDLページが新設・移行されました。
本体にもAPIの追加が行われています。


Jetpack Ver0.6 pre4リリースされました - まめ畑でも書きましたが、今回のバージョンでsettings APIが実装されました。
これでユーザ情報の設定などが簡単に保存出来るようになりました。


また、Jepack galleryがβ公開から正式版になりました(アドレスも変わっていますが、ユーザ情報などは引継がれています)
以前のエントリで書いた、証明書の問題やサイトの不安定さ、ライセンスの選択まわりももちろん修正されています。
正式公開でContributorも大幅に増え、登録されているFeatureの量も増加しています。
以前気になっていた、エスケープの問題ですが改善されているようです。
しかし、以下の様な書き方をしている場合は修正が必要です

jetpack.statusBar.append({
      html: <>
         <div id="message"><img src={TWITTER_ICON} />Miteru Now!!</div>
      </>,
   });

このように「<>」で囲ってかけるのですが、この書き方だとエスケープされたり、タグを除去されてしまい動作しなくなりますので

jetpack.statusBar.append({
      html:"<div id=\"message\"><img src=\"" + TWITTER_ICON + "\" />Miteru Now!!</div>"
      ,
   });

の様に変更すれば問題が起こりません。
また、登録時の注意ですが、Featureを削除した場合、同名で登録する事が出来ないようなので注意が必要です。
検索でヒットはしませんが、他人が同名で作成しており、削除した場合、そのFeature名は使用出来ません。


今回のJetpack gallery正式公開に合わせて、今まで作成したFeatureを移行しました。
The Jetpack Gallery’s Final Flight | Mozilla Add-ons Blog
今後はこちらの方に追加・修正を行っていきます。


Featureの公開場所も正式にリリースされ、徐々に広まっていく感じがします。
今回のリリースからFxのメニューにもアクセス出来るようになったので、少しずつ出来る事が増えていっていますね。